ドッグフードを吐いてしまった場合

犬は吐くことの多い動物ですが、その原因や吐き方、症状は様々です。 その状況によって対処の仕方も違います。 それぞれのパターンを把握して、適切に対処してあげましょう。

勢いよく食べて吐く

勢い良くドッグフードを食べて、すぐに吐くことがあります。 その後は、何事もなかったかのように、吐いたものまでしっかり食べることがほとんどです。

元気が良すぎての早食い、あるいは、犬の習性として、他の犬に食べられないように早食いすることが原因です。 勢いが良すぎて、胃の働きが追い付かないことで起こります。

ドッグフードを分割して少しずつ与えたり、底に凹凸のある早食い予防用のボールを利用すると改善できます。

草を食べて吐く

犬は猫ほどではありませんが、草を食べて吐き出すことにより、胃腸などの体調を整えることがあります。

主要道路沿いでは、雑草の処理のため除草剤を使用することが多くなっています。 知らずに食べてしまい、死亡や重篤な状態に陥ることがあります。

急性肝炎や急性腎不全を起こし、食欲はなくなり、嘔吐・下痢などの症状があり、急激に悪化します。 様子を見る必要はなく、直ぐに動物病院を受診します。 草を食べる行動がみられる場合は、日頃から、小さく刻んだ野菜をフードにトッピングすると抑制することができます。

散歩の途中で吐く

散歩の途中で吐く犬を見かけます。 食後直ぐに運動させるために起こることです。

食事は散歩や運動の後に与え、食後は充分休ませることが大切です。 人間でも食後の運動は、気持ち悪くなることがあります。 犬の歩行姿勢ではなおさら負担がかかります。

朝の散歩前など、あまりにも空腹で胃液などを吐くようであれば、おやつ程度の少量のフードを与え、しばらく休んでから散歩、その後食事を与えるようにするといいでしょう。

アレルギー

嘔吐に加え、下痢やいつもかゆがっているなどの症状があれば、アレルギーの可能性があります。 アレルギーには、食物によるものもあれば、ノミやダニ、花粉やウイルスなど多くの原因があります。 原因ごとに投薬や食事療法などが必要になりますので、気づいたら早めに動物病院を受診してください。

こんな場合は動物病院へ

異物を口にしたり、細菌やウイルスによる感染症などの病気で吐いたりすることがあります。 吐き方も苦しそうで、息も荒くなり、緊急を要します。

腎不全や腸閉塞、胃捻転など多くのケースがあります。 一刻を争いますので、迷わず動物病院を受診してください。

  • 嘔吐・下痢が頻繁
  • 嘔吐物に血や異物が混じり、異臭がする
  • よだれ、痙攣、喘ぐなどのショック症状
  • ぐったりして動けない、目がうつろ
  • 体に触ると痛がり、動かない

愛犬は大切な家族です。 日頃のスキンシップの中で、異物などを口にするような行動があれば、それを治してあげることもリスクを回避することになります。 嘔吐があれば、その都度原因を確かめましょう。