大粒ドッグフードは大型犬用

ドッグフードの粒の大きさは、小型犬には小粒、大型犬には大粒というように、犬が食べやすい大きさや形に工夫されています。 しかし、場合によっては、小型犬でも大粒、大型犬でも小粒のドッグフードを与える方がいい場合もあります。

大粒ドッグフードと大型犬

大型犬には大粒のドッグフードを与えるのが一般的です。 身体や口の大きさに合ったフードを食べることによってしっかり噛み砕き、歯や顎を鍛え、脳に刺激を与えることが健康に良いとされています。

また、しっかり噛み砕くことによって、歯垢や歯石の付着の予防にもなります。 栄養分も大型犬の必要とするバランスで配合されており、健康面にも優れています。

大粒ドッグフードと小型犬・中型犬

大粒のドッグフードを小型犬や中型犬に与えることもできます。 元々犬は犬歯で獲物を引き裂き飲み込むものですから、小粒や中粒のフードを与えた場合、早食いで、噛まずに飲み込んでしまう犬がいます。 時として、のどに詰まらせ、命の危険さえあります。

そんな時、飲み込めない大粒のフードを与えると、噛んで食べるようになります。 全犬種用でも粒の大きさが異なるものがありますので、大粒のものを選ぶだけですから、栄養面の問題もありません。

小粒・中粒ドッグフードと大型犬

大型犬も高齢になれば、歯も弱り、消化能力も衰えてきます。 そうした場合、できるだけ小粒のフードを選んであげることもいいでしょう。

大粒のフードでは消化しにくくなりますので、大型犬用や全犬種用のフードで、小粒や中粒のものがあれば、食べ方を見ながら適切なサイズのものを選んであげましょう。 もし、お気に入りのフードに適切な大きさのものがなければ、小さく砕いてあげることもできます。

粒の大きさは愛犬の好みで

犬は基本的にフードを飲み込むものですが、中には、歯ごたえを好む犬もいます。 ガムや骨をかみ砕くように、ドッグフードをしっかり噛み砕きます。

噛むことによって満足感も得られ、ストレス発散にもなっています。 愛犬が食べる様子を見ながら、適切な大きさのドッグフードを選んであげることも大切です。