ドッグフードのカロリー

一般のドッグフードのカロリーは、ドライフードで350kcal/100g程度が平均的なところですが、約300kcal/100gから約400kcal/100gまで大きな幅があります。 栄養バランスが取れているフードであるはずなのに、これだけの幅があるのは、それぞれの食欲に合わせてお腹を満たすということとカロリーを摂取するということがあります。

体重に合わせた適正カロリーを取る必要がありますが、年齢や運動量により調整をする必要もあります。 適正なカロリーが摂取できないと栄養不足になり、摂りすぎるとカロリーオーバーで肥満になります。

家の中で過ごすことの多い大人しく、運動量の少ない犬であれば量を少なくしたり、外で遊ぶことが好きな活発な犬であれば量を多くしたりすることで調整し、適正な量を与えることが必要です。

しかし、食欲もそれぞれに違いますので、フードの量だけでは対応できないこともあります。 そんな時に、カロリーの高いものを利用したり、低いものを利用して調整することができます。

小食な犬や高齢で歯が悪くて食べられない、身体機能が低下して食欲がないという場合は、少量でも充分にカロリー摂取ができるカロリー高めのフードを選びます。 元気が良くて、いくらでも食べ、通常の量では足りないような犬には、お腹いっぱいたくさん食べても太らないように、低カロリーのフードを選びます。 カロリーが不足しても病気になり、太りすぎても病気になりますので、コントロールしてあげることは大切です。

とくに、肥満は万病の元というように、糖尿病や関節炎、心臓病など多くの病気の原因になります。 低カロリーのフードでもコントロールが難しい場合には、ウェットフードを利用することもいいでしょう。 ウェットフードは水分量が多いため、約40~70kcal/100gと、さらに低カロリーになりますので、肥満予防や改善に効果的です。

食の細い犬や高齢犬には、おやつなどの嗜好性の高い高カロリーのフードを利用して、栄養素やカロリーを補ってあげることも必要です。 たくさんの種類のフードがあり、カロリーも違いますので、いろいろなフードを食べさせてあげることも健康のためです。