カナダ産のドッグフード

ペット先進国といわれるカナダでは、意外にもドッグフードに関する法規制はなく、消費者容器・表示法に基づき、正味量・一般名・製造業者名等を公用語である英語とフランス語の両方の言語で表示することが義務付けられているだけです。

法的に規制するものは、主として家畜等に関するもので、飼料法では適正な表示のない飼料や有害な飼料等の製造や販売、輸入を禁止しています。 動物衛生法では有害物質に汚染された物品の輸入を禁止しています。

実質的なドッグフードを含むペットフードに関する規制は、カナダ産業省が作成したガイドラインと業界団体カナダペットフード協会が設定しているペットフードの原料・栄養・表示等の自主基準のみです。

ですから、カナダ産のドッグフードだから必ずしも良いということではありません。 日本に輸入されるペットフードは厳選された質の高いものだということです。 もちろんカナダ国内でも人気の高いドッグフードなのです。

国民性として犬や猫などのペットは家族の一員として大切にしますので、食事にしても身体にいい物を与えるということが自然に身についているために、有名なドッグフードを多数生み出しています。

カナダ産のドッグフードの特徴としては、大自然の恵みを生かした新鮮な肉や野菜など、人が食べられるヒューマングレードの食材をふんだんに使っています。 タンパク源の主原料にはアレルゲンとなりにくいラムやチキン、サーモンなどが多く使われています。 低脂肪低カロリーでもあり、健康にも配慮されています。

また、できるだけ自然な食性に近づけるために野生の犬が食べていたように、タンパク源の肉の割合が高くなっています。 自然にこだわりますから、合成添加物無添加のフードが多く、中にはビタミンやミネラルも添加していないフードもあります。 さらに、健康に徹底的にこだわり、野菜やハーブ類も有機栽培のオーガニック食材を使用した製品が多くあります。

健康に配慮されたドッグフードでも、愛犬に合ったものであるか、しっかり成分を確認して利用することが大切です。