ドッグフードの販売形態による違い

ドッグフードの販売形態は、大きく分けて二つあります。 店舗販売とネット販売です。

それぞれに特色があり、メリット・デメリットがあります。 その違いを知って、上手く使い分けると、愛犬に最適なドッグフードをリーズナブルに購入することができます。

店舗販売

 店舗の立地や規模に応じた品揃えがされており、実際にフードを手にして確かめることができます。 いろいろなフードの比較検討に便利です。

ペットショップ

規模にもよりますが、プロ用、または、プレミアムドッグフードなど、こだわりのフードを中心の品揃えがされています。 犬や猫、ペットフードについても知識を持った販売員が多く、飼育やドッグフード選びについての適切なアドバイスをしてくれます。

ホームセンター・ディスカウントショップ

一般的な売れ筋商品がメインですが、品揃えが豊富で、大量仕入れのため、価格もかなり抑えられています。 販売数として期待できないプレミアムフードなどは、取り扱っていない店舗がほとんどです。 また、ドッグフードについての知識を持った販売員はいません。

スーパー・コンビニ

24時間営業のコンビニや遅くまで営業しているスーパーは、ドッグフードを買い忘れた時に便利です。 品数が少なすぎるのは、ちょっと困ります。

ネット販売

自宅に居ながらにして、多くのフードを比較検討することができるのは大きなメリットです。 店舗では購入できない小規模のこだわりのメーカーの製品まで見れます。 しかし、実際に手に取ることができませんので、どれだけ多くの情報を得られるかがポイントです。

メーカーのネット通販

メーカーのネット通販は、店舗費用も掛からず、全国を市場にできますので、知名度のない小規模のメーカーがよく利用しています。 犬にとって最高のドッグフードを作っても、置いてくれる販売店を探すのは大変ですが、ネット通販は、自分でも簡単に作れ、ほとんど費用がかかりません。

いかに自社製品をアピールできるかがポイントです。 閲覧者にとっては、近くの販売店では見られない、こだわりのドッグフードを知るチャンスといえます。

ネットショップ

楽天やアマゾンなどに代表されるネットショップでは、一般のフードもプレミアムフードも、ほとんどのドッグフードが安く購入できるため、広く浸透しています。 ただし、本当に安いこともあれば、並行輸入品で賞味期限も短いということもあります。 販売者の内容もチェックしておいた方がいいでしょう。