ドッグフードの相場は?

輸入も盛んになったこともあり、市販されているドッグフードの種類は多く、価格の幅もかなり広くなっています。 最も利用されることの多いホームセンターやディスカウントショップ、ペットショップなどの価格を見てみましょう。

最もポピュラーなドッグフードは1㎏あたり300~500円程度、プレミアムフードは1kgあたり1000円程度、無添加やオーガニックなどのスーパープレミアムフードは1㎏あたり2000円以上というところです。

一般的に低価格のフードは穀物などが多く含まれ、高額なフードほど犬にとって最適な肉が多く、ラムやターキーなどのアレルゲンとなる可能性の低いタンパク源が使用されているといわれます。 そのため、輸入されたドッグフードをプレミアムやスーパープレミアムなどと呼び、優れたフードであるかのように思い込んでいます。

しかし、海外のフードが肉類を多く使用しているのは、それらの原材料が身近にあり、安く手に入るから使用されています。 そのフードを生産している国の食文化に大きく左右されているからです。

価格の安いフードを探せば、10㎏ほどの大袋が1000円程度で購入できます。 非常に安いと感じます。

アメリカでは、13~18㎏程度の肉がメインの大容量のフードでも1000円程度で購入できるものがあります。 アウトレットショップを見ると、輸入されたプレミアムフードが1㎏あたり200~300円ほど、スーパープレミアムフードが1㎏あたり1000円以下でも購入できる商品があります。

袋が破れているのでもなければ、賞味期限が短いということでもありません。 パッケージの表面が多少汚れている程度です。

原材料は大切ですが、それを重視するあまり偏った見方をするから、高価なフードがいいものだという固定観念にとらわれてしまっています。 それだけ価格を落としても、利益があるのですから。

ドッグフードは愛犬の健康維持のためのフードです。 最も大切なことは、愛犬がおいしく食べて、健康であることです。

愛犬に最適なフードを見つけたら、購入の仕方では非常に安く手に入れることができます。 まずは、愛犬に最適なフード選びをすることが大切です。