食いつきのいいドッグフードは?

食いつきのいいドッグフードとは、香りのいいドッグフードです。 味覚のあまり良くない犬の食欲をそそるのは敏感な嗅覚を刺激する香りです。 それぞれに好みがありますので、愛犬の好みに合った香りのドッグフードを選んであげると、おいしく食べてくれます。

一般的に主食として利用されているドライフードは、水分量が約10%程度と少ないため、香料が添加されています。 最近利用が増加しているプレミアムフードには添加物不使用のフードが多く、食いつきが良くないといわれています。 しかし、レンジなどで人肌程度に少し温めると、香りが立ちますので、おいしく食べてくれます。

缶詰などのウェットフードは、水分量が約75%と多いため香りが強く、食いつきがいいフードです。 柔らかい食感も生肉に近く、ほとんどの犬がおいしく食べてくれます。

ソフトドライやセミモイストも水分量が約25~35%と高いので風味が高く、食いつきがよくなっています。 とくに、セミモイストは発泡していませんので、食感もいい作りになっています。

食いつきのいいドッグフードは結構多いものです。 しかし、嗜好性を高めて食いつきをよくしたフードは、メインのフードにしない方が、愛犬のケアがしやすくなります。

ドライフードでも「飛びつくおいしさ」や「食いつきがいい」と書かれたものはおいしく食べますが、それ以外のフードを食べなくなることがあります。 ウェットフードやソフトドライ、セミモイストも嗜好性が高く、食感もいいものですから、ドライフードを食べなくなることがあります。

食いつきのいい好きなものだけを与えていると、わがままで、選り好みをするようになります。 柔らかいものばかり食べていると、歯や顎、噛む力が弱くなってしまい、健康上もよくありません。

愛犬に適したドライフード選んだら、食いつきのいいドッグフードをトッピングとして与えるという方がいいでしょう。 十分な栄養を摂りながら、時々いろいろなトッピングをしてあげると、食生活が豊かになります。 多くのフードをたまに与えることで、何でも食べられるようになります。

食いつきのいいドッグフードはたくさんありますので、愛犬に適したものを選び、食事が楽しめるように与え方を工夫しましょう。