低脂肪のドッグフードの利点

低脂肪のドッグフードは、成犬のダイエットや高齢犬に適しています。

子犬から成犬への移行時のドッグフードの切り替えのタイミングが遅れたり、食欲旺盛な犬、運動量の少ない犬は肥満になりがちです。 また、去勢手術後のホルモンバランスの変化から、肥満になることもあります。 人間と同じで、肥満は心臓病や生活習慣病の原因となりますので、体重を管理してあげることが必要です。

体重を減らそうと、いきなり運動量を増やすことは、愛犬の負担になります。 肥満の状態で運動すれば、足腰や関節に負担がかかり、心臓にも大きな負担がかかります。 大きなけがや病気の原因となることもあります。

また、単に食事を減らすことも、栄養不足になったり、空腹がストレスになりますので、健康にとっては好ましくありません。 そこで、効果的なのがダイエット用の低脂肪のドッグフードです。

ダイエット用の低脂肪のドッグフードは、摂取カロリーが抑えられていますので、通常通りの量を与えるだけでダイエットできます。 空腹を感じることもありませんので、ストレスを与えることもありません。

低カロリーであっても、栄養バランスも調整されており、健康的にも優れています。 何ら無理をすることもなく、徐々に減量できます。 体重が適正な状態になったところで、しっかり運動させるとより効果的です。

高齢犬のドッグフードも高タンパクで低脂肪のドッグフードになります。 高齢になると、身体機能の衰えから活動量や新陳代謝も低下しますので、カロリーを抑えた食事になります。

成犬と同じ食事では肥満になりやすく、高齢になってからの肥満は、一層身体に負担をかけることになります。 タンパク質は身体の維持には欠かせない成分ですから、より多く与える必要があります。 脂肪はタンパク質の2倍のエネルギー量がありますので、脂肪を多少減らすことにより、摂取カロリーを抑えることができます。

肥満は愛犬の身体に大きな負担をかけ、健康を害する恐れもあります。 低脂肪のドッグフードを上手に利用して、体重管理をしてあげましょう。