ドッグフードに含まれるビタミンの重要性

ビタミンは、水とタンパク質や炭水化物・脂質・ミネラルなどの栄養素が体内で身体を作ったり、エネルギーになったりするときに欠かせない働きをする五大栄養素の一つです。

ビタミンは大きく水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられます。 水溶性ビタミンにはビタミンB群やCがあります。 体内には蓄積できないため、毎日の食事から摂取することが必要です。 多く摂りすぎても、水に溶けますので尿中に排出され過剰摂取になることはありません。

脂溶性ビタミンは、ビタミンA、D、E、Kなどがあり、脂肪に溶けて全身に運ばれます。 毎日摂取できなくても身体に蓄積できます。 ただし、過剰摂取は健康上好ましくありませんので、バランスと取れた摂取が大切です。

水溶性ビタミン

ビタミンB群は、タンパク質や炭水化物・脂肪の代謝、エネルギーの生成に関わり、生命維持に欠かせない働きをしています。

ビタミンB1

代謝はもちろんのこと、精神状態の改善や神経系・筋肉・心臓の機能を正常に保つ働きをします。 不足すると、食欲不振や嘔吐、ふらつきを起こし、最悪の場合、死亡することもあります。

ビタミンB2

タンパク質や炭水化物・脂肪の分解を促進します。 不足すると、とくに脂肪の燃焼に支障をきたし、頭部や耳周辺の脱毛・皮膚炎・口内炎などの病気にかかりやすくなります。

ビタミンB6

タンパク質の代謝に関わり、アミノ酸の合成と分解を促進する酵素の働きを助けます。 不足すると、成長が妨げられるため、成長期や妊娠期にはとくに重要です。 赤血球を作り、免疫機能を正常に保つため、貧血やアレルギー・皮膚炎などを予防します。

ビタミンC

細胞をつなぎ合わせるコラーゲンの合成や骨の形成に重要な働きをします。 皮膚や被毛の健康維持に大切な成分です。

脂溶性ビタミン

ビタミンA

目の機能の維持・皮膚や粘膜の健康維持・骨や歯の成長などに欠かせない成分で、免疫力を強化する働きもあります。 不足すると、網膜変性・角膜障害・毛艶がなくなる・食欲減退・体重減少・繁殖障害などが起こります。

ビタミンD

骨のビタミンとも呼ばれ、カルシウムとリンの代謝に関わります。 腸管内でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を補助しますので、とくに成長期には欠かせないビタミンです。 不足すると、クル病・骨や歯の異常・筋肉の弱体・関節炎などを引き起こします。

ビタミンE

強い抗酸化作用を持ち、老化を防止するビタミンといわれ、活性酸素によるダメージから細胞膜を守ります。 不足すると、繁殖障害や栄養性筋ジストロフィーなどがあります。

ビタミンK

血液凝固作用により大量出血を抑える働きとカルシウムの吸収も助けます。 このビタミンだけは、健康であれば腸内の細菌によって合成されますので、不足することはありません。

ビタミンは健康にいいと認識されることが多いものですが、不足すれば命にもかかわる重要な栄養素です。 毎日の食事で、過不足なくバランスよく摂れるようにしましょう。