塩分控えめのドッグフードとは

塩分控えめのドッグフードは、進行した心臓病や腎臓病で塩分制限が必要な犬に適したフードです。

塩分には、体液の浸透圧の維持や神経刺激の伝達、消化促進などの働きがあり、尿路結石の予防や治療では、基準内で多少多めにとることによって、水分を多く摂取させ、排尿を促すようにします。 多少多めに摂取しても、高血圧や腎臓病になったりすることはありません。

犬にとって必応な塩分の量は、体重1kgあたり50mgといわれています。 ドッグフードの原材料の多くにも塩分は含まれており、必要な栄養素については適切なバランスで配合されており、通常、不足することはありません。 塩分の調整をする必要ありませんが、食事以外のおやつの与えすぎには注意が必要です。

また、人間の食品を与える際も注意が必要です。 ハムやチーズなどの加工品は、人間でも食べすぎはよくないといわれるように塩分を多く含んでいます。 嗜好性も高いため、犬に与えすぎると癖になるばかりか、塩分の摂りすぎになってしまいますので、できるだけ犬専用のものを与えましょう。

多少多く摂っても尿と一緒に排泄されるので問題はないとはいえ、過剰に摂取すると、腎臓や肝臓に負担をかけることになります。 高血圧や心臓病・腎臓病などのリスクを高めることになります。

ドッグフード以外のものを与える際には、節度を持ってコントロールしてあげることが大切です。 手作りのドッグフードを与えている方は、気にしすぎて塩分を制限しすぎる傾向があります。 極端に制限すると、結石ができやすくなったり、意識が朦朧としたり、内臓障害や運動障害などを起こす原因となります。

高齢犬用のドッグフードは、塩分が過剰にならないように塩分調整がされています。 年齢だけではなく、愛犬の健康状態を観察しながらタイミングを計り、ドッグフードの切り替えをしてあげましょう。

塩分は生命維持に欠かせない成分です。 不足しても摂りすぎても健康に良くない影響があります。 適量を知って、過不足がないように心がけましょう。