歯磨きに最適なドッグフード

歯磨きは子犬の頃からしつけないと、嫌がって難しいものです。 飼い主にとっても愛犬にとってもストレスの大きいものです。

かといって放置すると、歯垢や歯石が蓄積し、歯周病になり、食事がつらくなってしまいます。 そんな飼い主の悩みを解決するために、各フードメーカーも歯磨き効果のあるドッグフードを販売しています。

主食のドライフードとしては、粒の形状をリング状や穴開きの大き目の粒、S字型にしたものがあります。 リング状と穴開きの大き目の粒のフードは、噛む時に歯が穴にフィットするように作られています。

フードが砕ける時に歯垢や歯石を落としてくれるというものです。 おいしく食べるだけで、自然と歯磨き効果が得られます。

S字型のフードも噛む時の歯の角度を研究して作られていますので、歯にフィットし、砕けた粒が嗜好や歯石を除去してくれます。 フードを選ぶ際に、愛犬のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。

歯磨きやストレス解消に最適なガムの形状も歯磨き効果を重視したものが増えています。 従来と同じような棒状のガムでも、表面に溝を作り、噛んだ時に歯が溝に食い込み、歯垢や歯石を落とします。

少し大きめのクッキー状のガムもあります。 表面に凹凸があり、クロロフィルも配合されています。 弾力性があり、噛む度に凹凸が歯磨きしてくれます。

また、ハニカム構造のガムもあります。 たくさんの穴が開いており、噛んで歯磨き効果が得られます。

たくさんの種類がありますので、いろいろなものを併用することで歯磨きとストレス解消が同時にできます。 ただし、適切なサイズを選ぶことは大切です。小さすぎると効果が得られないまま食べられてしまいます。 大きすぎると固すぎて、逆に歯を傷めることになります。

基本的にデンタルケアは、飼い主が愛犬のために行うものです。 初めのうちは難しいものですが、少しずつ短時間から初めて、十分な歯磨きができるようにしましょう。 その上で、歯磨き効果のある主食やおやつを利用すると、相乗効果で、口臭も抑えることができます。