体臭を抑えるためのドッグフード

人の体臭は全身のエックリン汗腺から出る水状の汗に雑菌が繁殖して臭います。 犬のエックリン汗腺は鼻の頭や足の裏などにしかなく、体臭の原因となるのは、全身に広がるアポクリン汗腺から分泌される油分を含んだ分泌物に雑菌が繁殖するためです。 体臭だけではなく、皮膚炎の原因ともなりますので、改善してあげる必要があります。

毎日の食事に適切なドッグフードを与えるだけでも改善が期待できます。 犬の食性に合った良質な動物性タンパク質メインのドッグフードを与えると、余分な皮脂の分泌が少なくなり、体臭が軽減できます。

動物性タンパク質は消化性が良く、必要なアミノ酸を充分含んでいますので、新陳代謝を促進し、身体の隅々までスムーズに栄養を運ぶことができます。 皮膚や被毛にも十分な栄養補給ができますので、美しい毛並みを保つことができます。

穀物など植物性タンパク質がメインのフードの場合は、消化吸収を高めたものであることを確認しましょう。 消化不良や栄養のアンバランスは体臭の原因ともなります。

身体の中から体調を改善してくれる食物繊維も重要です。 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく配合したドッグフードは、胃や腸などの消化器官の働きを高め、栄養分の消化吸収を改善することで体臭も少なくなります。

水溶性食物繊維は、水に溶けることで善玉菌の餌となり、善玉菌を繁殖させて腸内環境を整えます。 不溶性食物繊維は、水には溶けませんので、腸内を刺激し、蠕動運動を促進し、腸の働きを活発にします。

その結果、消化吸収力も高まり、ビタミンやホルモンの生成の促進、免疫力強化、感染予防力の向上など、健康増進効果があります。 健康になるほど便臭も少なくなり、体臭も軽減されます。

ドッグフードを適切なものに変えるだけでも体臭を抑える効果はありますが、汗や皮脂の分泌はありますので、雑菌が繁殖しないようにケアをすることも大切です。 散歩の後にブラッシングでほこりを落としたり、月に数回のシャンプーで汚れを落としたり、肛門腺を絞ってあげたりと清潔にしてあげることも体臭を抑えるポイントになります。