ドッグフードの防腐剤

防腐剤は、ドッグフードが腐らず、できるだけ長く品質を維持するために添加されています。

犬は人間よりも体重当たりの必要カロリーが大きいため、そのエネルギー源として多くの油脂成分を含んでいます。 その劣化を防ぐために防腐剤が使われています。

抗酸化剤がそれにあたり、化学合成されたものや天然由来のものが使われています。

合成添加物

化学合成により作り出されたもので、強い効力があるため、使用許可基準範囲内での使用が重要です。

エトキシキン

日本では食品添加物としても農薬としても認められていないものです。 しかし、海外では飼料やペットフードの抗酸化剤として、リンゴやナシの日焼け防止剤、殺菌剤として認められており、船舶輸送の魚粉などの自然発火防止剤として使用することが国際規則で定められているものです。

使用制限は、BHAとBHTを合わせた総量が150ppm以下となっており、使用料半分の75ppm以下に減らすように、アメリカのペットフード協会に提案されています。

BHA

ブチルヒドロキシアニソールの略で、ガソリンの酸化防止剤として作られました。 油脂やバター、魚介の冷凍品など多くの食品に使われ、化粧品にも使われています。

使用制限は、浸漬液に対しては1.0g/㎏、油脂などは0.20g/㎏、BHTを併用する場合は、その合計がこの範囲内となっています。

BHT

ジブチルヒドロキシトルエン、または、ブチル化ヒドロキシトルエンといい、その略称としてBHTと呼ばれています。 抗酸化剤として食品に添加されるのが主ですが、化粧品やボディーソープ、医薬品、ジェット燃料、ゴム、石油製品などと広い用途に使われています。

天然由来の添加物

天然由来の添加物は効き目は多少劣るとされていますが、人が暮らしの中で長年使ってきたことから、安全性が高いとして、多くのドッグフードにも使用されています。

トコフェロール

ビタミンEのことで、植物や藻類、藍藻などの光合成により生成されるため、自然界に広く存在する抗酸化物質です。 抗酸化剤として食品に添加されるだけではなく、医薬品や栄養補給、疾病の治療などにも用いられています。

ローズマリー

古くから薬効が知られているハーブです。 消臭効果、殺菌作用、抗酸化作用に優れており、酒や料理、香水、病気の治療など多くの用途に使われています。

その他の天然由来の添加物

ローズマリーと同じハーブ類にセージやタイム、ラベンダーなど抗酸化作用を持ったものがあります。 また、ベリー類に多く含まれるアントシアニン、お茶に含まれるカテキン、大豆などに含まれるイソフラボンなどはポリフェノールの仲間で、優れた抗酸化作用を持っています。