安全な無添加ドッグフード

経済的に豊かになると、人間の食品が無添加やオーガニックなど、素材にこだわるようになると同じように、ドッグフードも無添加で安全性の高いものが求められるようになりました。

愛犬も家族の一員ですから、おいしくて身体にいいものをという愛情の現れです。 では、その無添加のドッグフードとは、どのようなものでしょうか。

無添加ドッグフードとは

ドッグフードには、栄養バランスを調整するための栄養添加物、フードの色を調整したり色を付けたりする着色料、品質を長く維持するための保存料や抗酸化剤、嗜好性を高めるための香料など、多くの添加物が使用されています。

無添加のドッグフードとは、天然に存在しない科学的に合成された添加物を使用しないドッグフードのことです。 添加物を全く使用しないということではなく、天然の添加物だけを使用したフードということです。

ドッグフードの製造過程で合成添加物を使用しないということで、原材料が農薬などの添加物を使用して生産されたものという可能性はあります。

無添加ドッグフードの安全性

合成添加物は、自然界に存在しない物質を化学的に作られたものですから、開発の段階で毒性や発がん性などが明らかになっているものがあります。

また、体内で自然に分解されずに蓄積、他の物質などと結合した際の化学的変化が懸念されています。 長期に使用しても害を及ぼさない範囲での使用とされていますが、心配を払拭することはできません。

無添加のドッグフードは、人が長年使ってきた天然の素材だけを使用していますので、安心感があります。 毒性についての検証はされていないものが多いのですが、古来から人の食品にも使われてきたものですから、安全性は高いと言えます。

無添加ドッグフードは、本当に無添加なのか

無添加ドッグフードであっても、栄養バランスを取るための栄養添加物は使用されています。 有効成分を補助し、健康を維持するためには欠かせないものです。

必要不可欠なものであるため、添加物の表示基準からも除外されています。 その他の添加物については、名称や使用目的を記載することが義務付けられています。

無添加ドッグフードは、合成添加物を使用したフードよりも安全性は高くても、愛犬の健康にとって良いものとは限りません。 少しずつ試して、相性を確かめることは必要です。