オーガニックドッグフードと無添加ドッグフードはどう違う?

ドッグフードが普及して、さらに愛犬の健康にいいものをということで、オーガニックや無添加という言葉が聞かれるようになりました。 なんとなく、健康に良さそうな気がしますが、それぞれがどのようなものは、どのように健康にいいかということは、あまり知られていません。

オーガニックドッグフードとは

オーガニックドッグフードとは、その名の通り有機栽培で作られた原材料を使用して作られたドッグフードのことです。 農産物は、農薬や化学肥料を使わず、有機肥料や土そのものの栄養分を利用して育てられた食材を使用します。

タンパク源として使用する肉類はメーカーによる考え方の違いもあります。 飼料が有機栽培されたものであることの検証は難しいため、オーガニックの飼料ではない可能性があっても、オーガニックと呼ばれています。

基本的には、牛や豚、鶏などの家畜に与える飼料も有機栽培で作られたものを与え、昼間は外で放し飼いにされているところがあります。 とくに、牛は牧草地で自由に伸び伸びと育てられ、自然の牧草を餌としていることろもあります。

狭い畜舎に閉じ込められるのとは違い自由に動き回りますので、身も締まり、栄養の行き届いた良質なタンパク源となります。 抗生物質や成長ホルモン剤なども使いませんので、より健康にはいいものだといえます。

ただし、飼料を輸入に頼る日本では難しいもので、手間もかかりますので、価格的には非常に高くなっています。

無添加ドッグフードとは

無添加ドッグフードとは、化学合成された添加物を一切使用していないドッグフードです。

ドッグフードには品質保持や嗜好性増大などの目的で、多くの添加物が使用されています。 化学合成された添加物は、本来、自然界には存在しないものです。

開発の段階で、多くの試験を行い、毒性や発がん性、遺伝有害性などの検証も行われています。

食べることによる体内蓄積や他の成分との結合による毒性への変異などが懸念され、使用量にも制限が設けられています。 長年食べ続けても有害性が現れない範囲にはなっています。

しかし、人が長年利用してきた自然な植物や果物などを使用したほうが安全で安心できると考えて、広まってきています。

それぞれ健康に害を及ぼす懸念のあるものを除いて作られています。 しかし、必ずしも健康にいいものだとは限りません。 愛犬の体質に合わないということもあります。 利用する際は、他のフード同様慎重に対応しましょう。