危険なドッグフードの原材料

日本で製造されるドッグフードの原材料で、危険性のあるものはありません。 2009年に施行されたペットフード安全法でも、有害な物質を含む、あるいは、疑いのある原材料の使用は禁止されています。

また、病原菌に汚染された、または、その疑いのある原材料の使用も禁止されています。 ペットフード安全法が施行される以前から、ペットフード業界では安全の確保に取り組み、厳しい基準を設けていました。

各フードメーカーは、さらに厳しい自社基準を設けて安全性を高いものにする努力をしていましたので、国内ではペットフードについての大きな問題は発生していません。

日本のペットフードについて云々される際に言及されていたのが、猫用の缶詰に使用される血合肉の問題です。 一般的に人は食べませんので、人が食べられないものをペットフードに使用しているという批判です。

自然の中で、犬や猫が、まず内臓から食べるのは肉よりも栄養が豊富に含まれているからです。 見た目から判断するのが人間で、犬や猫は身体にとっての有用性を判断しています。

肉についても、人が食べられない、あるいは腐った肉を使用しているという事実無根の批判もあります。 実際には、人の食品と同じラインで生産され、人が好まない部分での有用な部分を使用しているだけです。

ペットフードを製造している会社に食品を製造している会社が多いのも、そうした利便性があるからです。 食品製造会社がドッグフードも生産していますので、ペットフード安全法だけではなく、食品の製造に係る多くの法律を遵守して製造されています。

と畜場法や食鳥処理法、家畜伝染病予防法、食品衛生法など、他にも多くの法規制の下に製造されています。 ですから、国産のドッグフードについては、原材料も製品としても安全性は高いと言えます。

むしろ、輸入されたドッグフードにどのような原材料が使われているのか不安な面があります。 2007年のメラミンを含んだ中国産原料による大量の被害を出した事件以降も、中国産のジャーキーによる事件や、人の死者も出したサルモネラ菌事件なども起こっています。 個人輸入が盛んになっていますが、安全性を考えるとタイムラグのある正規輸入の方がいいでしょう。