半生タイプのドッグフード

ドッグフードには含有水分量約10%のドライフードと約75%のウェットフード、その中間の水分約25~35%の半生タイプがあります。 そして、半生タイプには、ソフトドライとセミモイストの2種類があります。

市販されている半生タイプは多くはありませんが、特徴を活かして使うと愛犬のケアにも役立ちます。 それぞれのフードについてご紹介しましょう。

ソフトドライ

ソフトドライは、押し出し機で成形後に加熱発泡し、未乾燥のものです。 湿潤調整剤を加えていますので、しっとりとした艶があります。

セミモイスト

セミモイストは、押し出し機で成形後、発泡も乾燥もしていません。ソフトドライ同様湿潤調整剤を加えていますので、しっとりとした粒になっています。 発泡されていないため、噛みごたえと弾力性があります。

半生タイプのメリット

嗜好性が高い

含有水分量が多いため、嗜好性が高くなっています。多く含まれる水分が香りを引き立たせ、食欲をそそり、食いつきがいいフードです。 とくに、発泡されていないセミモイストタイプは弾力性があり、肉の食感に近いことも嗜好性を高めています。

粒が柔らかい

水分が多いために柔らかい粒になっていますので、歯が悪い、あるいは、噛む力の衰えた老犬などには食べやすく、消化にも優れています。

水分摂取に優れている

含有水分量が多いため、病犬や老犬、水をあまり飲まない犬の水分補給を補うことができます。

半生タイプのデメリット

傷みやすい

含有水分量の多さは両刃の剣で、フードの劣化は早くなります。 カビの発生や腐敗は早く、品質低下を抑えるために湿潤調整剤などを加えていますが、保存状態が悪いと水分も失われます。 とくに、セミモイストフードは発泡されていませんので、固くなってしまいます。

偏食のリスク

嗜好性の高いフードですから、常時与えていると、それまで食べていたドッグフードなど、他のフードを食べてくれなくなることがあります。 このタイプのフードしか食べなくなると、種類が少ないため、選択肢がなくなる可能性があります。

歯垢や歯石がつきやすい

歯や歯の周辺に残りやすいタイプですから、歯磨きなどの口腔ケアができないと、歯垢や歯石の原因となります。食後のケアが重要です。

半生タイプの使い方

半生タイプのドッグフードは、歯が悪くなったり、噛む力の衰えた高齢犬などには食べやすく、消化にもいいので、おすすめです。 しかし、それ以外は、おやつとして少量与えたり、食欲を刺激するためのトッピングなど、スポット的な使い方に適しています。