おすすめドッグフードの原料

ドッグフードは、犬の成長と健康維持に必要な栄養素をバランスよく配合し、身体中に届けるために作られています。 生産技術も進歩し、植物性の食材からも栄養素を抽出し、消化しやすいように加工できるようになりました。

飼い主さんの食材へのこだわりも強くなり、より安全で安心できるものを愛犬に与えたいと考えるが増えています。 では、どのような原材料がいいのでしょうか。

まず、良質のドッグフードは高タンパク低炭水化物になります。 動物性タンパク質は犬の食性にもあっており、体中の器官や組織を構成する重要な要素です。 新陳代謝も促進し免疫力も高めます。

そのタンパク源は、人が食べられるレベルの肉がメインということになります。 一般のドッグフードでは副産物なども使用されているため、飼い主にとって不安があります。 人が食べるものと同じレベル、ヒューマングレードの食材を使用することで、安全で安心感があります。

原料となる家畜についても、ホルモン剤や抗生剤などが投与されておらず、農薬などの使われていない飼料で育てられたものです。 また、狭いストレスに満ちた畜舎ではなく、広々とした牧草地などで育てられた、自然の恵みをたっぷり吸収した家畜です。

野菜や果物についても、有機栽培のものを使用したドッグフードもたくさんあります。 価格は高めになりますが、残留農薬を気にする必要がありません。

ドッグフードには様々な添加物が使用されます。 栄養添加物以外は合成添加物を使用せずに、天然由来の添加物だけを使用したものがいいでしょう。

化学合成された添加物は、試験の段階で毒性検査も行われており、安全な範囲で使用されていますが、天然由来の添加物は人が長年使用していたものを使いますので安心感があります。

このほかにもグレインフリーが注目されていますが、穀物は食物繊維などの有用成分も含んでいます。 全く不要なものとは言えませんので、愛犬の状態を確認しながら利用することが必要です。

飼い主ばかりではなく、メーカーでも原料にこだわったフードをたくさん製造していますので、成分を確認して、愛犬が喜んで食べてくれるものを選んであげましょう。